.
Counter: 32937, today: 9, yesterday: 12

タイムスタンプの確認を行う

UNIXのファイルには基本的に3つのタイムスタンプが存在します。
lsコマンドを使い分けることで、タイムスタンプの確認が可能です。

コマンド 時間 意味 タイムスタンプ変更条件
ls -l mtime ファイルの最終修正時刻(modify time) ファイルの内容が変更された時刻
ls -lu atime ファイルの最終アクセス時刻(access time) ファイルの内容にアクセスした時刻
ls -lc ctime ファイル情報の最終変更時刻(changed time) ファイルへの書き込みやiノード情報を変更した時刻

※UNIXには基本的にファイル作成時刻(created time)という概念がなく、lsコマンドで確認することはできません。

■実践例
10:00にファイルを作成後、1分ごとに作業を行う

10:00 10:01 10:02 10:03
作成直後 catコマンドで閲覧 パーミッション変更 viコマンドで編集
mvコマンドで名前変更 所有者変更 cpコマンドで複製
ls -l 10:00 10:00 10:00 10:03
ls -lu 10:00 10:01 10:01 10:03
ls -lc 10:00 10:00 10:02 10:03


リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://linuxexpert.ne.jp/modules/pukiwiki/tb/145

Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!