.
Counter: 7041, today: 1, yesterday: 1

Slaveサーバー(セカンダリサーバー)の構築

Masterサーバー(主にプライマリサーバー)の障害発生に備えて、Slaveサーバー(セカンダリサーバー)を用意しておくようにしましょう。

(例)A.com(masterサーバー:123.123.123.123)のslaveサーバーになる

# vi /etc/named.conf
以下の設定を追加
----------------------------------------------------------ここから
 zone "A.com" {
        type slave;
        masters {
                123.123.123.123;
                 };
        file "A.com.zone";
};
----------------------------------------------------------ここまで

これでmasterサーバーからA.comのDNS情報(ゾーン)を取得し、/var/named/A.com.zoneに反映されます。ゾーンファイルの転送を制御する設定も併せて行うと良いでしょう。


リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://linuxexpert.ne.jp/modules/pukiwiki/tb/148

Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!