.
Counter: 7946, today: 1, yesterday: 2

WordPressのインストール

WordPressは導入までの手順が簡単で、豊富なプラグインで機能拡張ができるのが特徴です。インストールまでの手順を以下に記しておきます。

WordPress動作環境

WordPress2.0系

PHP4 (version 4.2〜)
MySQL (version 3.23.23〜)

WordPress2.2系

PHP4 (version 4.2〜)
MySQL (version 4.0〜)
文字コード(UTF8)

0. ユーザの作成

# mysqladmin -u root password *******
# mysqladmin -u root --password reload
Enter password: *******

1. データベースの作成

既にWordPressが動いているサーバではここから始めます。

# mysqladmin create xoops-db -p
Enter password: *******
※(0)で登録したパスワードが必要です。

2. WordPressファイルをFTPなどでアップロード

事前に最新版のWordPressを入手してください
日本語環境でWordPressを扱う場合、ローカルサイトより配布されているWordPress日本語版と、WordPress Japanより配布されているWordPress MEのどちらかを選ぶのがよいでしょう。インストール方法に大きな違いはありませんが、一部仕様が異なるため、違いを理解した上で好きな方を選択して下さい。

※ここでは Document Root直下の wordpress ディレクトリにアップします
※アップすべきは、解凍後の wordpressフォルダ内のファイル全てです

3. wp-config.phpの編集

# cd /var/www/html/wordpress
# vi wp-config.php
下記項目を編集
-----------------------------------------------------------
// ** MySQL settings ** //
define('DB_NAME', 'hobby');    // ←(1)で登録したデータベース名を入力
define('DB_USER', 'root');     // ←(0)で登録したユーザを入力
define('DB_PASSWORD', 'password'); // ←(0)で登録したパスワードを入力
-----------------------------------------------------------

コマンドラインから編集ができない人は、FTPアップロードを行う前に、wp-config.phpをテキストエディタで編集して下さい。

4. WordPressにアクセス(WordPressの初期設定)

http://www.URL/wordpress/

あとはインストーラの指示に従ってインストールを行えば完了です。
WordPressプラグインの紹介も当サイトで行っているので、参考にして下さい。


リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://linuxexpert.ne.jp/modules/pukiwiki/tb/156

Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!