.
Counter: 16348, today: 1, yesterday: 2

chkconfigでランレベルを管理する

サーバを起動した際、自動的にアプリケーションを立ち上げるために、ランレベルを設定する必要があります。chkconfigコマンドを使うと、ランレベルを簡単に管理できるようになります。
rpmファイルを利用し、アプリケーションをインストールした際には自動的に設定されることが多いですが、ソースファイルからインストールした時など、chkconfigに登録されない場合があります。そんな時は手動で登録する必要があります。

(例)apacheをchkconfigに登録したい
※起動スクリプトが/etc/rc.d/init.d/httpdに存在することを前提とします。

1.httpdファイルを編集する

#!/bin/sh
# chkconfig: 345 91 91        ←追加
# description: Apache Boot    ←追加

345はランレベル345で起動する、91 91は起動の優先順位、停止の優先順位を指し、小さいほど優先順位が高くなります。descriptionはコメント欄です。好きな名前をつけましょう。

2.ckhconfigに登録する

# chkconfig --add httpd

これでhttpdファイル内にあるchkconfig、description部分の記述を自動的に読み取り、chkconfigコマンドで使用できるように登録してくれます。

3.登録確認

# chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off

# ls -l /etc/rc.d/rc3.d/ |grep httpd
・(略)・・・ S85httpd -> ../init.d/httpd

おまけ. chkconfigから削除したい場合

# chkconfig --del httpd


リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://linuxexpert.ne.jp/modules/pukiwiki/tb/160

Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!