.
Counter: 3783, today: 2, yesterday: 0

LILOにパスワードを設定する

Linuxではシングルユーザーモードで起動すれば、パスワードなしにrootユーザでログインできてしまいます。そこで、LILOにパスワードを設定し、無条件でrootログインされる危険性を減らします。
※動作確認はRHL5.2環境です。

lilo.confの編集

# vi /etc/lilo.conf
image=/boot/vmlinuz-2.0.36-3
        label=linux
        restricted                       ←追加
        password=LILOのパスワード        ←追加
        root=/dev/hda2
        read-only

パーミッションの変更(root以外はパスワード閲覧不可)

# chmod 600 /etc/lilo.conf

/etc/lilo.confの内容をLILOに反映

# /sbin/lilo

注意点
/etc/lilo.confの「restricted」を忘れてしまうと、サーバ起動時に毎回パスワードを聞かれるので、リモートで再起動を行う環境では「restricted」必須です。


リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://linuxexpert.ne.jp/modules/pukiwiki/tb/166

Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!