.
Counter: 10540, today: 2, yesterday: 3

MySQLのデータバックアップと復元方法

MySQLのデータベースは、/var/lib/mysql/以下に、ディレクトリ毎に作成されます。フォルダごと圧縮、解凍を行うだけで簡単にバックアップ、復元ができますが、データベースの容量が大きくなるにつれて破損の可能性も高まります。圧縮ファイルとダンプファイルの両方をバックアップしておけば、信頼性はより高まるでしょう。
ここではMySQLのダンプファイルの作成方法と、ダンプファイルからの復元方法を下記します。

(例)データベース「test1」のダンプファイルを作成(/var/lib/mysql/に保存)

# mysqldump -u root --password=XXXXX test1 > /var/lib/mysql/test1.sql

  • 「>」の先にダンプファイルの保存先、ファイル名を記載します。「--password」コマンドを使うことで、cronによる自動バックアップができます。パスワードがファイルに記載されているので、第三者から見られないように注意して下さい。

(例)test1.sqlからデータベースを復元

# mysql -p
> create database test1;
> exit
# mysql -u root --password=XXXXX test1 < /var/lib/mysql/test1.sql

  • データベースを予め作成しておき上記コマンドでダンプファイルのデータを入れこみます。ダンプファイル作成時の「>」を「<」に変更することで復元が可能です。復元の際はmysqldumpコマンドではなく、mysqlコマンドなので間違えないようにして下さい。


リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://linuxexpert.ne.jp/modules/pukiwiki/tb/203

Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!