.
Counter: 936, today: 1, yesterday: 1

Watchdocを有効にする

systemdにはwatchdog機能があり、この機能を有効にしておくと、何らかの原因でシステムがハングアップした場合に、自動的に再起動を行うことができます。これで、メモリ障害やディスク障害などで、システムの動作が継続不能になった場合にOSの再起動が行われます。

/etc/systemd/system.conf

#RuntimeWatchdogSec=0
++ RuntimeWatchdogSec=60

60秒後に再起動


リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://linuxexpert.ne.jp/modules/pukiwiki/tb/219

Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!