.
MailServer/メールのスプール先サーバを指定する方法 のバックアップの現在との差分(No.1)
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。

  // author:1
  ***POP before SMTPの実装
  ***メールのスプール先サーバを指定する方法
  本家サイトには、redhat9用のRPMが用意されていますが、ソースからコンパイルして redhatっぽくしています。 /etc/sysconfig/dracd を修正し、穴を空けている時刻(分)を調整できます。
  
  [更新:2004年2月17日]~
  DRACの起動スクリプトに実行権を付けて、RUNレベル3にシンボリックリンクを張りましょう。
  sendmailのメールのスプール先サーバを指定する方法を下記に記載致します。
  (インストールの準備)
   # mkdir /usr/local/src/drac-1.12
  
  (解凍)
   # tar xvfz drac.tar.Z -C /usr/local/src/drac-1.12/
  (sendmail.mcファイルの編集)
  (インストール)
   # cd /usr/local/src/drac-1.12/
   # vi Makefile(修正)
   INSTALL = /usr/bin/install
   DEFS = -DSOCK_RPC -DFCNTL_LOCK -DGETHOST -DDASH_C
   CC = gcc
   CFLAGS = $(DEFS) -g
   LDLIBS = -ldb
   TSTLIBS = -L. -ldrac
   RPCGENFLAGS = -C -I
   MANADM = 8
   define(`LOCAL_RELAY',`smtp:[192.168.1.100]')dnl
   # make
   # make install
   # cp libdrac.a /usr/local/lib
   define(`MAIL_HUB',`smtp:[192.168.1.100]')dnl
  (設定)
   # cp dracd.allow-sample /etc/mail/dracd.allow
   # vi /etc/mail/dracd.allow(1行のみ)
   255.255.255.255 127.0.0.1
   
   # vi /etc/rc.d/init.d/dracd
    #!/bin/sh
    #
    # dracd: This shell script takes care of starting and stopping dracd
    # description: Dynamic Relay Authorization Control Daemon
    # processname: dracd
    # pidfile: /var/run/dracd.pid
    # Source function library.
    . /etc/init.d/functions
    # Source networking configuration.
    . /etc/sysconfig/network
    [ -f /usr/local/sbin/rpc.dracd ] || exit 0
    if [ -f /etc/sysconfig/dracd ] ; then
          . /etc/sysconfig/dracd
    else
          DRACD_OPTION="-i -e"
          TIME="5"
    fi
    RETVAL=0
    start() {
          # Start daemons.
          echo -n "Starting dracd: "
          daemon /usr/local/sbin/rpc.dracd $DRACD_OPTION $TIME
          RETVAL=$?
          echo
          [ $RETVAL -eq 0 ] && touch /var/lock/subsys/dracd
          return $RETVAL
    }
    stop() {
          # Stop daemons.
          echo -n "Shutting down dracd: "
          killproc /usr/local/sbin/rpc.dracd
   上記IPアドレス記載個所にスプール先サーバのIPアドレスを記載して下さい。  
  
          [ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/dracd
  (sendmail.cfファイルの再作成)
   # make sendmail.cf
    # See how we were called.
    case "$1" in
      start)
          start
          ;;
      stop)
          stop
   # cp -fr sendmail.cf /etc/mail/
      restart|reload)
   # /etc/rc.d/init.d/sendmail restart
  
  ※この場合のPOP3サーバは192.168.1.100になりますのでグローバルから直接メールを受信する事は不可能です。(なお、192.168.1にリモートでアクセスすればメールの受信は可能になります。)
  
      status)
          status rpc.dracd
      *)
          echo "Usage: dracd {start|stop|restart|status}"
          exit 1
    esac
    exit $RETVAL
   # chmod 755 /etc/rc.d/init.d/dracd
   # cd /etc/rc.d/rc3.d/
   # ln -s ../init.d/dracd ./S88dracd
   # vi /etc/sysconfig/dracd
    DRACD_OPTION="-i -e"
    TIME="1"
  ■sendmailの設定
   # cd /usr/local/src/sendmail-8.12.10/cf/cf
   # vi sendmail.mc(追加) ※はじめの空白はTAB
    Kdrac btree /etc/mail/dracd
    LOCAL_RULESETS
    SLocal_check_rcpt
    R$*     $: $&{client_addr}
    R$+     $: $(drac $1 $: ? $)
    R?      $@ ?
    R$+     $@ $#OK
   # cp sendmail.cf /etc/mail/
  ■qpopperの設定
   # cd /usr/local/src/qpopper-4.0.5
   # make clean
   # ./configure --enable-specialauth --with-drac=/usr/local/lib
  (起動)
    Shutting down sendmail:                                    [  OK  ]
    Shutting down sm-client:                                   [  OK  ]
    Starting sendmail:                                         [  OK  ]
    Starting sm-client:                                        [  OK  ]
   # /etc/rc.d/init.d/xinetd restart
    Stopping xinetd:                                           [  OK  ]
    Starting xinetd:                                           [  OK  ]
   # /etc/rc.d/init.d/portmap restart
    Stopping portmapper:                                       [  OK  ]
    Starting portmapper:                                       [  OK  ]
   # /etc/rc.d/init.d/dracd start
    Starting rpc.dracd daemon:                                 [  OK  ]
  (起動確認)
   # ps ax | grep dracd | grep -v grep
    20065 ?        S      0:00 /usr/local/sbin/rpc.dracd -i -e 5
   # /etc/rc.d/init.d/dracd status
    rpc.dracd (pid 20065) is running...
  (POP認証後の確認)
   # db_dump -p /etc/mail/dracd.db
    VERSION=3
    format=print
    type=btree
    HEADER=END
     21*.***.***.***
     1074653406
    DATA=END

リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!