.
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

ファイルやディレクトリ作成時のパーミッションを設定するには&font(b){proftpd.conf};の&font(b){Umask};の値を変更します。

 # vi /etc/proftpd.conf
 ServerName              "ProFTPD"
 ServerType              inetd
 DefaultServer           on
 Port                    21
 Umask                   022
 MaxInstances            30
 User                    nobody
 Group                   nobody
 UseReverseDNS           off
 TimesGMT                off

上記の設定ではディレクトリに&font(b){755};、ファイルに&font(b){644};のパーミッションが設定されます。

▼マスク値の考え方は次の通りです。
 [ディレクトリの場合]
 777 - 現在のマスク値

 [ファイルの場合]
 777 - 現在のマスク値 - 111



▼例: Umaskの設定を変更しファイル・ディレクトリ作成時のパーミッションを設定する
 # vi /etc/proftpd.conf
 Umask                   002
[ディレクトリ]~
777 - 002 = &font(b){775};

[ファイル]~
777 - 002 - 111 = &font(b){664};

リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!