.
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

***タイムスタンプの確認を行う
UNIXのファイルには基本的に3つのタイムスタンプが存在します。~
lsコマンドを使い分けることで、タイムスタンプの確認が可能です。

|コマンド|時間|意味|タイムスタンプ変更条件|h
|ls -l|mtime|ファイルの最終修正時刻(modify time)|ファイルの内容が変更された時刻|
|ls -lu|atime|ファイルの最終アクセス時刻(access time)|ファイルの内容にアクセスした時刻|
|ls -lc|ctime|ファイル情報の最終変更時刻(changed time)|ファイルへの書き込みやiノード情報を変更した時刻|
※UNIXには基本的にファイル作成時刻(created time)という概念がなく、lsコマンドで確認することはできません。

■実践例~
10:00にファイルを作成後、1分ごとに作業を行う
||10:00|10:01|10:02|10:03|h
||作成直後|catコマンドで閲覧|パーミッション変更|viコマンドで編集|h
|||mvコマンドで名前変更|所有者変更|cpコマンドで複製|h
|ls -l|10:00|10:00|10:00|10:03|
|ls -lu|10:00|10:01|10:01|10:03|
|ls -lc|10:00|10:00|10:02|10:03|

リロード   差分 ソース ファイル添付 添付ファイル一覧   Wikiトップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Expert Menu
最新記事
なぜここへ
Yahoo Japanから
検索結果から
友人に聞いて
前からURLを知っていた
他サイトからリンク
最新バージョンの確認

Linuxexpert is one of the service presented by InfomationSquare. / OmakaseBlog Login  |  Register Now!